世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

ヨーロッパ周遊旅行回想録(17)憧れのモロッコを行く⑦メクネス観光~いざフェズへ

www.endlesswanderlust.online

▲前回の記事はこちら

 

飛び入りで立ち寄ることにしたメクネスで、爽やかな朝を迎えました。内陸の高原にある都市なので朝は乾燥していて涼しく、良い意味で全くモロッコ感がありません笑

 

朝食 

f:id:juneflyday:20170405053539j:plain

時間は朝9時過ぎくらい。カフェは朝から営業しているようなので、朝食に入ってみます。

 

f:id:juneflyday:20170405053540j:plain

ガランとした店内で・・

 

f:id:juneflyday:20170405053541j:plain

卵とジュースのセットを頼んでみました。搾りたてオレンジジュースとオリーブはGood!! ただ、目玉焼きが苦手な私は、卵には手を付けられず上に乗っているチーズだけ食べる羽目に(汗 スクランブルで、とダメ元でもちゃんとオーダーすべきとの教訓を得る。これで300円くらい。

 

メクネスを散策 

f:id:juneflyday:20170424220640j:plain

今日は午後フェズに出発するとして、それまで短いけどメクネスを散策することに。メクネスの旧市街は、歩いて回ることができるくらいコンパクト。気になるスポットは「風の道」と旧市街の迷路

 

f:id:juneflyday:20170405053542j:plain

マンスール門(Bab Mansour)の目の前は広場になっていて、夜は市場、昼間は大道芸や待ち合わせ場所なんかに使われていた。この時はモロッコ人の修学旅行生?なんかも見かけた。

 

f:id:juneflyday:20170405053543j:plain

この尖がり屋根の囲い、雰囲気はあるのだが一体何のために使われているのかは今でもわからずじまいw

 

f:id:juneflyday:20170405053544j:plain

広場の一角の土産物屋にはモロッコ漆器が所狭しと並べられている。いや、並べられてるというよりドカ積みされていると言うべきか。笑

 

f:id:juneflyday:20170405053545j:plain

この三角帽子のような漆器は、モロッコの鍋「タジン鍋」と言うらしく、旅行中にもレストランで度々見かけた。持ち帰るには大きすぎるので見るだけになってしまったが、小さいものを一個くらい買っても良かったかも?

 

f:id:juneflyday:20170405053548j:plain

f:id:juneflyday:20170405053549j:plain

風の道に行く途中で、こんな車を見かける。モロッコでは古い車が現役で走っていて、クラシック・カーは私は詳しくないので何の車種かはわかりかねるが・・・なんだかルパンに出てくるフィアットみたい。笑

 

f:id:juneflyday:20170405053550j:plain

f:id:juneflyday:20170405053552j:plain

城壁の街メクネス。

 

f:id:juneflyday:20170405053551j:plain

観光用なのか、馬車も待機していた。メクネスの人はあまりスレておらず、客引きは全くなかった。

 

f:id:juneflyday:20170405053553j:plain

旧市街から風の道へ行く途中にある、「ムーレイ・イスマイル廟」(Mausoleum of Moulay Ismail)。

 

f:id:juneflyday:20170405053556j:plain

ここはムーレイ・イスマイル王の遺体が安置されている霊廟らしく、マンスールと並びメクネスの象徴的な場所とのこと。

 

f:id:juneflyday:20170405053555j:plain

f:id:juneflyday:20170405053557j:plain

f:id:juneflyday:20170405053558j:plain

f:id:juneflyday:20170405053559j:plain

なるほど、モスクではないけど、ラバトのムハンマド5世の霊廟(※)と同じように厳かな雰囲気に包まれた建物になっている。ここは外国人でも入場無料なのでぜひ訪れておきたいところ。

(※参照)

www.endlesswanderlust.online

 

f:id:juneflyday:20170405053600j:plain

風の道の入り口にある、「リフ門」(Bab el Rif)。「風の門」という意味らしい。

 

f:id:juneflyday:20170405053601j:plain

で、これが風の道。両側を壁で囲まれて、時折強い風が吹き抜けることからそう呼ばれているらしいが・・・うーん、昼間に来るとあまり雰囲気がなく、頑張って来なくても良かったかもw

 

f:id:juneflyday:20170424220640j:plain

風の道を見たので今度は宿方面に戻り、グランモスクを中心として道が入り組むスークを目指す。

 

f:id:juneflyday:20170405053602j:plain

モロッコのスークはまさしく迷路のように入り組んでいて、これは雰囲気がありますね。

 

f:id:juneflyday:20170405053603j:plain

昼前なので人も疎ら。こういうスークはトルコやカタールでも見たけれど、こんな狭い路地の奥で服やら肉やらを売りさばいているのが驚き。

 

f:id:juneflyday:20170405053604j:plain

f:id:juneflyday:20170405053609j:plain

ちょっとした道を撮るだけでも絵になりますね。モロッコではそれぞれの街に必ずスークがあるらしく、シャウエンやフェズまで行かなくても古いモロッコを感じることはできそうです。

 

f:id:juneflyday:20170405053606j:plain

強烈だったのはこの肉片のバラ売りでした。メクネスの中心にあるグランモスクは残念ながら非ムスリムは入場不可とのことで、このへんで切り上げてそろそろフェズに向かいます。

 

メクネス→フェズを列車移動

f:id:juneflyday:20170405053610j:plain

メクネスの旧市街から今度は小さいバスに乗り込みます。

 

f:id:juneflyday:20170405053611j:plain

途中マックも見えましたw モロッコは旧市街と新市街で全く様相が違うんですね。

 

f:id:juneflyday:20170424220335j:plain

f:id:juneflyday:20170405053612j:plain

こちらが旧市街に近い駅、アル・アミール・アブドゥル・カベ駅。小さい駅ですがメクネス駅よりもこちらのほうが便利。

 

f:id:juneflyday:20170405053613j:plain

駅の2階にカフェがあるようなので、時間をつぶします。

 

f:id:juneflyday:20170405053614j:plain

これまたモロッコ・ティーを。100円程度で生ミント入り紅茶(全然ツンとこない)を飲めて、道中ひどく気に入って何杯も飲みました。

 

f:id:juneflyday:20170220202748j:plain

いよいよモロッコの最終目的地、フェズへと向かいます。

 

f:id:juneflyday:20170405053615j:plain

f:id:juneflyday:20170405053616j:plain

列車に乗り込みます。昨日と同じ長距離型客車で、メクネス⇔フェズは約30分、20DH

 

f:id:juneflyday:20170405053617j:plain

メクネス付近はさすがワインの産地だけあって植生が豊か。

 

f:id:juneflyday:20170405053619j:plain

f:id:juneflyday:20170405053618j:plain

ん~モロッコでこんなに豊かな木々が見れるとは思わなんだ、ですね。いかにもな砂漠は、もっとアルジェリアとの国境近くの内陸に行かないと見れないそうです。

 

f:id:juneflyday:20170405053620j:plain

とは言っても全体的に国土は乾燥しがち。オリーブとかいっぱい取れそうですね。

 

f:id:juneflyday:20170405053621j:plain

あっという間にフェズに着きました。片道30分なので、フェズを起点にして日帰りでメクネス観光するのも良いかも。

 

 

f:id:juneflyday:20170405053623j:plain

フェズ駅は最近改装されたらしく、えらく小奇麗でこれまたびっくり。

 

f:id:juneflyday:20170405053624j:plain

いよいよモロッコ最終目的地のフェズに到着。この時は私の旅行史上最大のトラブルが待ち受けていることはいざ知らず・・・。(続く)

 

▼次の記事はこちら

www.endlesswanderlust.online

広告を非表示にする