読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

ヒルトン深圳福田・宿泊記(@エグゼクティブフロア)/Hilton Shenzhen Futian Executive Floor

ホテル ホテル-ヒルトン/Hilton Hotels and Resorts
今回は日本人ファンも多いヒルトン、深センの福田のホテルを先日利用したので取り上げたい。

ホテルが広くて宿泊費がお安めの中国本土深センもご多分に漏れず、香港から少し移動するだけで宿泊費が半分程度に収まってしまう深センでの宿は、日本では未展開のHyattブランドのHyatt Place Shenzhen Dongmen、ボーナスポイントプラン設定ありのクラウンプラザ・ランドマーク深センとも迷ったが、宿泊費がほとんど変わらずTierのおかげでラウンジアクセスが付くかもしれないということでこちらのヒルトンに決定。ちなみにこの日は一泊最低RMB700程度、Gold Tierのおかげでラウンジアクセスと朝食付きに。

ホテルのラウンジ担当者から宿泊前日にメールが届く。と、何故か、私はGold保有なのにDiamondと認識されているらしく、ラウンジ利用のベネフィットがずらりと書かれている。
BlogPaint

単なる手違いなのだろうが、いざチェックイン時にGoldとわかり部屋がダウングレードされてしまったらどうしようか、と余計な心配をしてしまう。しかもこのホテル、開業間もないからかアプリ経由のデジタルチェックインができず、当日有人チェックインしないとどの部屋かもアップグレード状態もわからないようになっている。

DSC00280

何はともあれ、当日は広州東駅から深セン駅に到着。深センには深セン北駅と深セン駅の2つの大きな駅があり、こちらは香港との国境にもほど近く、香港MRTと深センメトロと接続されている。それにしてもデカい建物だ。

DSC00282

深セン駅からは、メトロ1号線のLuohuからGrand Theatreまで行き2号線に乗り換え、ホテル最寄りはGangxia North、30分弱である。これで3元(≒45円)で済むのが中国地下鉄のすごいところ。
(Shenzhen Metro(英語版): http://www.szmc.net/page/en/index.html)

DSC00283


昨年オープンしたてのホテルだが、駅の出口案内にはきちんと書かれている。出口Aが最寄り。

DSC00284


出口Aを出ると、周囲はモダンでピカピカの高層ビルと、その裏に古い公共住宅のような建物が広がるエリアとなっている。3つある高層ビルのうちの真ん中がヒルトンで、すぐ見つかると思う。

DSC00366

最寄りの出口Aからは目の前なのだが、広~い片側3車線の道路を地下道を通り渡らなければならず、国土が広いぶん移動がいちいち疲れるのが中国の特徴。やっとロビーに入り、今回はエグゼフロアがアサインされているはずなので、フロントは通らずラウンジに直行してみることに。でもよく考えたらエレベーターのセキュリティがあるので無理か?と思っていたらちょうど従業員が通りかかり、エレベーターを動かしてくれた。

DSC00337

DSC00336

エグゼクティブ・ラウンジ、中国語では「行政酒廊」。素敵な響きだ。
デスクでのチェックインに快く応じてくれ、部屋も用意できているとのこと。ラウンジのスタッフは英語が比較的堪能なようで、コミュニケーションもえらくスムーズに進む。

DSC00338

すぐにラウンジで休みたいところだが、まずは部屋に荷物を置きに。真新しいくも薄暗めのチャイニーズモダンの内装が素晴らしい。

DSC00340

部屋は15階をアサインされる。Deluxeにアップしました、と説明されたがエグゼフロアではなかったのか?この点は不明。

DSC00287

ドアを開けるなり、小さな廊下があるではないか。この造りはコンラッドバンコク以来で、部屋が広い証左。内装も清潔だし、スタッフは英語通じるし、このホテルは当たりの予感。

DSC00290

ベッドはキングタイプ、枕も横長のタイプで一人には十分過ぎる大きさだ。ベッドサイドのランプが特徴的で、なんとも言えない良い雰囲気を作り出している。

DSC00291

廊下の正体はこの広いバスルーム。シャワーは独立、バスタブも巨漢の人が入っても余りそうな大きさで、さすが中国本土のホテルはハードがデカい。

DSC00379

シャワーはレインシャワーも完備、好きな人は好きですよねこれ。

DSC00303
DSC00305

DSC00301
DSC00304

バスアメニティはヒルトン共通のPeter Roth、その他コンプリメンタリーウォーターや拡大鏡なども一通り揃っている。シャンプーとコンディショナー、1つずつだが一人利用ならOKかな。

DSC00307

DSC00295
DSC00308

ソファーや書斎も完備され、新装ホテルだけあってハードは申し分ない

DSC00296
DSC00297
DSC00298

上級会員用?のウェルカムフルーツや、珍しいところでは中国茶が用意されている。

DSC00349

DSC00348

DSC00345

DSC00344

ミニバーの内容は寂しいがラウンジがあるので問題なし。あれですね、Intimacy Kitもちゃんとあります。
中国茶とお茶用ポットがあるのは珍しいので寝る前にいただいた。

DSC00373

DSC00374

廊下に上手く溶け込んだクローゼット。バスローブはバスルーム内にある。

BlogPaint

書斎には、エグゼフロア宿泊者の特典内容のお手紙が置かれている。

<ヒルトン深セン福田・エグゼクティブフロア特典>
・ラウンジ利用(6:30-23:00)
 朝食 6:30-10:00(週末10:30)
 アフタヌーンティー 14:30-17:00
 イブニングカクテル 17:30-19:30
・シャツ2枚orスーツ1枚のフリープレス
・ラウンジ内フリーWifi
・エクスプレスC/I%C/O

特に目立った内容はないがこれだけあれば十分かと。

DSC00328
DSC00331
DSC00333

部屋の観察を終え、やっとこさラウンジに舞い戻る。ここのラウンジ、とにかくハードが素晴らしく今まで私が行ったなかではベストのヒルトンラウンジかもしれない。が、こんなに良い設備でイブニングタイムだというのに利用者が少な過ぎでは? 奥の席はほどんど空席で、手前も半分程度が埋まるくらい。非常に勿体無い。

DSC00316

早速泡と軽くおつまみで一杯。泡がほとんど抜けちゃってるんだがw、今日はホテルから外出しないで楽しもうと決める。

DSC00325

DSC00320
DSC00321
DSC00322
DSC00323

料理を一回りしてもう一皿。カクテルタイムのおつまみは、軽めの中華とケーキが主かな。酒類は一通りメインどころは揃っている。このラウンジ、ハードは素晴らしいが料理の数は少なめといったところだが、それもそのはず、お客が少なさ過ぎてなかなか充実させられないのかもしれない。実に勿体無い。

DSC00353

ラウンジの窓からはこのような景色となっている(生憎の小雨)。深センの新しいCBDだけあって真向かいの高層ビルが神々しく派手なネオンの光を出しているが、人通りが少なさ過ぎてどこか虚しい。

DSC00359

DSC00363
DSC00360

部屋に戻りコーヒーで酔を覚ました後は、ホテルの外に出てみることに。深センの新しいビル街とは行っても、昼間も夜も人が少なくてなんだか地方都市に来てしまったかのような感覚だ。おそらく深センで一番賑わっているのはシャングリラやフォーシーズンズがある福田なのだろうが、ここのホテルもせっかくハードは良いのだからもっとプロモーションをかけるべきでは。

DSC00371

DSC00356

DSC00365

ロビーの質感もインタコくらいと同等だと思う。ヒルトンは中国語で「希尓頓」

DSC00390

お待ちかねの朝食は2階のレストランMIS.Uにて。意外と朝食会場は混雑。レストラン入り口は何故か撮影禁止だそうで、撮ろうとしたらスタッフに何やら中国語で注意されたw

DSC00382

DSC00381

DSC00380

さっそく料理にありつくと、味はさすがヒルトン、超美味というわけではないがなかなかのお味。脂っ濃すぎることもないし、和洋中種類はこれでもかというくらい豊富。ラウンジにも行くので食べ過ぎれないのが残念w

DSC00383

DSC00384

こんなにパンが置かれているのは初めて見たかも。

DSC00385
DSC00386

さすが中国本土だけあって中華はバラエティ豊か。排骨やら焼きそばやら酢豚、炒飯、一通り中華のメインどころは揃えたという感じ。

DSC00388
DSC00391
DSC00394

その他イタリアンやサラダ類、チーズ、フルーツ、寿司やらとにかく種類は多いので連泊しないと到底食べきれないほどの充実っぷり。

DSC00395

ざわついた朝食会場をあとにし、20Fのラウンジに戻るとほんの数人の上品な中国人客がいるのみ。この日がたまたま少ないのか、それとも新しいホテルでまだあまり認知されていないのか何なのか・・。

DSC00399
DSC00400

ここではオムレツを頼んだところちゃんと作ってもらえた。軽く朝のコーヒーもいただき、早々に部屋に戻り荷造りせねば。

DSC00401

ラウンジからの眺め、日中はこのような感じに。新旧ビルが入り混じっている。

DSC00407

ちなみにラウンジと反対側の景色はこのようになっていて、一気に香港の下町のような雰囲気に様変わりw

DSC00405

本当はもっとまったり滞在したかったが、そそくさとホテルを出ねばならない時間に。12時のマカオ行きフェリーに乗るところ既に10時過ぎ。チェックアウトもラウンジでスムーズに済ませ、駆け足でホテルをあとにした。

全体としては、ここのヒルトンは数あるヒルトンのなかでも優秀なホテルと言えると感じる。ハード良し、サービス良し、立地良し、価格良し。もう一度深センかあるいは香港に行った時にでも、足を伸ばしてリピートしても良いかなと思えるレベル。それだけにあのラウンジの閑散っぷりは非常に勿体無かった。まだ新しいホテルなのであまり知られていないのかもしれないが、隠れた当たりホテルだと思う。もっと積極的に売り出して、レートはそのままでw繁盛してくれることを願う。
ちなみに、2016年12月末には新しくバーと中華レストランがオープンになるのだとか。


【ヒルトン深圳福田/Hilton Shenzhen Futian】